人気ブログランキングへ

2021年08月11日

意外と決まってないプロ野球での二次会ルール


プロ野球で二次会といえば、ファンが贔屓チームが勝った後に選手らの応援歌を歌ったりして、チームが勝利したことを祝う恒例行事、通常の「二次会」といえば、食事をしながら酒に酔うイメージですがプロ野球では酒ではなく勝利に酔うことを指します

この二次会、たまーに特殊な事例に陥ることがあります

それはホームチームとビジターチームのイベントが重なるとき

具体例を見ると1996年のナゴヤ球場、中日巨人戦の最終戦

この試合は巨人が勝利してメークドラマが決まります。

しかし、この試合でナゴヤ球場が最後ということで中日ファンも最後まで残っており、星野監督の挨拶のあとに燃えよドラゴンズが鳴り響くことに

本来、試合後に流れる応援歌は勝利したチームのみになるはずです

その二年前の国民的行事では同じくナゴヤ球場中日巨人戦で巨人が勝利して優勝した巨人ファンは試合後も騒いでいるのが写っています

しかし96年の場合は中日ドラゴンズからすれば、最後の本拠地ナゴヤ球場ということで、最後の挨拶はなしとはいかなかったことでしょう

今回はこのように特殊な事例から本来の二次会とは違った形になった試合後について振れていこうと思います。

2002年の阪神巨人戦

2002年、巨人は原監督が就任一年目で甲子園で阪神と対戦しました。勝てば文句無しの優勝であり、巨人は途中まで2-1でリードしていましたが土壇場で阪神が同点ホームラン、当時の放送で「唖然とするジャイアンツファン」と表現されるように勝っての胴上げに暗雲が立ち込めます

試合の途中で2位ヤクルトが敗北して巨人の優勝が決まりますが、どうせなら勝って優勝したいと思うのが普通

しかし12回でもリードすることができず、勝っての優勝が消滅すると12回の裏には巨人のワイルドピッチで阪神がサヨナラ勝利

史上初のサヨナラ負け優勝が確定します

このとき、阪神応援団の圧力があり、阪神が勝った場合は六甲おろし、阪神の1-9が先ということが決定していたようで、巨人が胴上げするまでライトでは六甲おろしと阪神の1-9が通常通り行われることになり、巨人ファンが優勝を祝うボードなどを掲げている裏で響いているのは阪神の応援歌という謎の現象に

1-9が終わったあとに巨人ナインがベンチから出てきて胴上げ

それまで黙って阪神の二次会を待っていた巨人ファンもようやく優勝を祝うことができました。

その後がどうなったかといえば、当時を目撃した人によればスタンドでは二次会を行わずに通路などの裏でやっていたんだとか

負けたのでスタンドでおおぴらに二次会はできなかったのかもしれません。

2006年、巨人中日戦

東京ドームでの巨人最終戦、中日からすれば優勝がかかった試合

偶然ですが、これは直に観戦しました。

このときの巨人はあくまで消化試合で最終戦でそこそこ巨人ファンはいましたが、それよりも優勝がかかった中日ファンの方が多かったでしょう

試合は延長戦の末に中日が勝ち、優勝しました。

しかし、このとき既に東京ドームでの鳴り物応援時間が過ぎていたことと中日の優勝胴上げのあとには巨人の選手たちが1年間の応援に対する感謝ということでグラウンドを一周するなどがあったので、本来の二次会はなかったと思います。

中日ファンはそのまま水道橋駅でドンチャン騒ぎしており、巨人ファンの私は悔しい感じで横目で見ていました。

2011年横浜中日戦

横浜からすれば最終戦なのですが、同時に中日の優勝が決まった試合でもあり、試合は中日が勝利。横浜は早川の引退セレモニーが開催されずに終わったんだとか

2018年広島横浜戦

これは記事にもなっていた例です。

広島は優勝争い中でマツダスタジアムにいた多くのファンも広島でしたが、試合は横浜が勝利したにも関わらず広島側は即座に中日ヤクルトの試合を放映。横浜の二次会を葬り去りました。広島ファンからすれば自然の流れかもしれませんが、横浜ファンからすれば勝利の余韻に浸れないで終わったので不満でしょう

https://www.j-cast.com/2018/09/25339507.html
↑その記事


そしていつだか忘れましたがパ・リーグでも負けた側が優勝を決めたので、試合後に二次会、応援歌熱唱ではなく、優勝胴上げ、監督インタビューが先という事例をテレビで見たことがあります。そのとき、本来勝利したファンは二次会をそのままやったのか?優勝したチームは二次会をやったのか?そこまでは分かりませんが、こういう本来は勝ったら行われる二次会が相手チームのイベントで行われない、やりにくい状況にされるというのはビジター球団には多いようです。あくまでホーム優先ということでしょう

しかし、それでも2003年の阪神巨人戦のように原辰徳監督が成績不振で退任が決まり、東京ドーム最終戦では挨拶もなく去ることに当時の星野監督の計らいで甲子園で相手球団、しかも巨人の監督の退任式が行われるということもありました。

そのときは巨人が勝利していましたが、阪神ファンも原監督にエールを送るなどしていました。二次会もそのまま行われました。

その挨拶で夢の続きを描くことを約束。後に巨人に復帰してチームを三連覇、そして楽天の監督となった星野監督とも対戦が実現しました。

いかがでしょうか?

こういう場合、ホームチームが勝ってそのまま優勝の祝賀会があればストレートでいいのですが、ビジターチームが勝ってホームチームが優勝した場合、ビジターチームが負けてもビジターチームが優勝した場合、ビジターチームが勝ってビジターチームが優勝した場合、ビジターチームが優勝したけど、ホームチームに最終戦もしくは引退などでイベントがある場合、その対応は明確なルールは存在してないといえるでしょう

また二次会というのはあくまで応援団やファンが主導するものですが、インタビューなどは球場側主導です。

ここで双方の意見に食い違いが出るのは良くないですが、そろそろ明確なルールを設けてもいいのではないでしょうか?

因みに年度は忘れましたが2009か2010年、東京ドームでの巨人最終戦で横浜が勝った試合では試合後にイベントが決定事項でしたが、横浜が勝ったので二次会自体はそのままの流れで行われて、巨人ファンはそれを待ってからのイベントだったようです。

因みに筆者は最終戦に関してはそのようなルールでいいと考えてます。時間制限があるとしても勝ったチームにこそ二次会を行う権利があると思うからです。

では優勝したチームが負けてしまった場合はどうするか?

はっきり言えば、優勝した場合は"間"というものを取るのが難しいでしょう

テレビ中継でも優勝したチームの胴上げを見たいと待ち構えてるファンの方が多いからです

しかし、相手球団の二次会、相手の本拠地だった場合は球団歌CD音源が流れることもあります

これだけでも10分は待たされます

テレビもそんなに悠長に待ってられないというのもあるでしょう

このように試合後の流れというのは球団の事情、ホームとビジターの関係、試合後の流れなどに大きく左右されますが、特殊な事例が多くて明確なルールは存在しないということです。

応援団や選手にはある程度流れは伝えてあるとは思いますが、それはあくまで一部の人たちに伝わるだけで、現地にいたファンには予想してたのと違うことに遭遇することもあるでしょう

因みにこれを書いた理由はかつての甲子園ではビジターの二次会は行われなかったという話を聞いたからです。

これ意外にも村田修一の話にもあるように引退試合でのエピソードもありますが、村田の場合はホームラン王争いだとか空振りのつもりがジャストミートしてしまったなどの話が後に出てきたので、村田が率先して引退試合を破壊しに行ったわけではないのですが、矢野の引退試合、もしかしたらベイファンや村田はかなり気まずい感じだったのかもしれませんね

個人的には藤川球児の引退式で演技のように三振するよりも佐々岡vs村田のように真剣勝負の方が好きです

またふとした疑問から何かを書いていきたいと思いますw


posted by 東京のガンバ大阪サポーター at 16:05| Comment(0) | 野球関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
このブログは今何位?(人気ブログランキングへ)