人気ブログランキングへ

2014年09月06日

アギーレ体制の初陣は無得点で完封負け。

アギーレ監督初陣はみなさんご存知の様に黒星スタートでした。

しかしワールドカップで思い知らされたように世界との壁を乗り越えるための南米勢との戦いなので、敗戦自体は何とも思ってはいません。しかし昨年8月に行われた宮城スタジアムでのウルグアイ戦は現在桜に在籍しているディエゴ・フォルランらを要するメンバーで、かなりの力の差を見せつけられた試合でしたが、今回は日本代表の守備陣が墓穴掘ってしまったのが致命傷となってしまうという自分の撒いた種といった感じでした。

守備については昨年のコンフェデ杯でも課題となっていましたが、まだまだ初陣ですのであまり強いことは要求はしません。次のベネズエラ戦では、私も観戦に行くというのもありますが、今回の失敗を克服した姿を見せてもらいたいです。

あとチームではなく、観客の方ですが失敗時に「あ下矢印2」というのが思わず出てしまうものですが、いつだかプロの女子テニスプレイヤーの方も不満を試合中に口にしていますたが、ハッキリ言ってしまえば私もやってしまうものなのですが、これはマイナス要素というべきものですね。(今回気になったので書いておきます)

日本人特有というものなんでしょうけど、これは何とかならないかな・・・。恐らくサポーターが意識すれば軽減されるかもしれませんが・・・習慣なので難しいかな・・・

とにかく皆さん、選手のテンションを下げない為にも盛り上がるリアクションを!一番簡単なのはシュートを放ったら外れてもとにかく拍手かもしれまん。ただ強制はしませんw


posted by 東京のガンバ大阪サポーター at 02:24| Comment(0) | 日本代表テレビ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

祝 日本代表ワールドカップ出場決定


人気ブログランキングへ
日本が5大会連続5回目のW杯出場…土壇場に本田が得点して豪とドロー
サッカーキング  平成25年06月04日 21:40

ブラジル・ワールドカップの出場権をかけたアジア最終予選が4日に行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦。引き分け以上で出場権を獲得できる日本は、ホーム戦に臨んだ。

 グループBで首位に立つ日本は、開始5分にゴール前で岡崎慎司がFKを獲得。遠藤保仁が直接狙ったが、シュートはゴール脇に外れた。12分には左サイドでボールを受けた香川真司が鋭いターンから、右サイドの岡崎にスルーパスを送ったが、わずかに合わなかった。

 序盤から主導権を握った日本は、13分に本田圭佑の右CKから吉田麻也がヘディングシュートを放ったが枠には飛ばず、先制点とはならなかった。16分にもペナルティエリア手前から遠藤が放った左足のミドルシュートも、ゴール上に外れてしまった。19分には香川、本田、岡崎と繋ぎ、最後はペナルティエリア内で香川が決定機を掴んだが、シュートはGKマーク・シュワルツァーに弾き出された。22分にはオーストラリアに右サイドでFKを与え、セットプレーからティム・ケーヒルにボレーシュートを打たれたが、ボールは枠を外れた。

 日本は、34分にカウンターを浴びると、ロビー・クルースにGKとの一対一に持ち込まれたが、GK川島永嗣の好セーブで凌いだ。44分には、本田から左サイドでパスを受けた岡崎が左足でミドルシュートを狙ったが、GKの正面をついた。

 スコアレスで前半を終えた日本は、54分に左サイドを突破した香川がクロスを上げると、ゴール前で本田がシュートを放ったが、枠を捉え切れなかった。直後の55分にも香川がペナルティエリア手前でミドルシュートを打ったが、GKに正面でキャッチされた。

58分にはペナルティエリア左でボールを受けた香川が、浮き球のシュートを狙ったが、ボールはクロスバーを直撃して先制点とはならなかった。63分と67分にも、ゴール前で本田がFKを直接狙ったが、得点とはならなかった。

 日本は、80分に前田遼一に代えて栗原勇蔵を投入。直後には、長友佑都が左サイドを抜け出し、シュートを放ったが、GKの好守に遭いゴールは割れなかった。先制点を奪えずにいると、82分に右サイドからトミー・オアーにクロスを上げられると、ボールはそのままゴールに吸い込まれ、先制点を許してしまった。

 追いかける日本は、85分に内田篤人に代えてハーフナー・マイク、88分には岡崎に代えて清武弘嗣を投入。試合終了間際に本田のクロスから相手のハンドを誘いPKを獲得。同点の絶好機で本田がPKを沈め、1−1の同点に追いついた。

 同点後は、互いに勝ち越し点を奪えずに、1−1でタイムアップ。日本は勝ち点を14として、最終戦を残し、自動的に出場権が獲得できるグループ2位以内が確定して、5大会連続5回目の本大会出場が決定。開催国のブラジルを除き、3大会連続での世界最速の出場権獲得となった。

日本代表、ワールドカップ出場決定おめでとうございます!

本当は、色々書きたいんですが風邪引いているのでこれで(笑)
posted by 東京のガンバ大阪サポーター at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表テレビ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このブログは今何位?(人気ブログランキングへ)