人気ブログランキングへ

2020年07月16日

宗教団体の勧誘ーその対処法

※ここに書かれているのは個人的体験記であり、特定の団体を名指し批判は特にするつもりはありません。悪しからず

私の個人的な体験記ですが、10回以上宗教勧誘されたことがあります。

街中で話しかけられた時の共通点は一人でいることです。
話しかけられるのは大体一人でした。

パターンは色々ありますが、何気なく話しかけてくるパターン、駅の近くでチラシを配るなどです。

チラシの場合は断るというか受け取らないようにすればいいです。私は一度宗教団体ではなく、過激派団体(あとで知ったこと)のチラシを受け取ってしまい、政治的な話をされました・・・何で受け取ったのだろうか?と自問してます。

因みに一番多く勧誘された宗教団体はチラシに大きな特徴があるので、今ではそれを見たら受け取らないようにしてます。

ただし、親しい人にその団体の関係者という人がいたときは面倒でした。

家に帰るとき、向こうは私のことを知っていて、私は覚えてなかったのですが、とある仲間の母親という人でした。このとき、LINEでその人から唐突に「ご飯いかない?」とか「やっほー!」みたいなメッセージがありました。そのときは予定が合わなかったのですが、このときになぜその人がそうしたかが分かりました。

その母親はどこから聞いたのか、「今◯◯してるんでしょ?」とか聞いてくるんですが、私はその手に持っている特徴のあるチラシに目が行ってました。

「ああ、この人あの宗教団体の人なんだ?」と心の中で思ってました。

するとしつこいのなんの・・・

私は何を言われたか覚えてはいませんが、もう聞きなれた文言が並んでいるので、聞く必要もなかったので・・・

ただこういう人は勧誘の余地ありとみなされると絶対にしつこいので、必ず宗教を信じていないか無神論者かを明確に伝えましょう

私は無神論だと伝えました。本当かどうかは別の話ですが

それ以来、その母親をみかけても回り道してから帰ります。

あと宗教勧誘で多いのは友達やクラスメイトからの勧誘です。

一つは前述の人のように突然、「久しぶり」感を出してきます。ただ先程も言ったように何かと理由を付けて断ってます。これには前例があったからです。

あれは確か高校生のときです。とある元クラスメイトからメールがきました。当時はまだガラケーでした。

「ご飯にいかない?」というメールでした。当時は宗教勧誘なんてもの知らなくて、軽い感じで承諾しました。

着いてみるとその呼び出した本人ともう一人見知らぬ人がいるのです。

ここでポイントなのが、宗教勧誘は二人でくる可能性が非常にあります。道端での勧誘でも二人がかりのときがありました。それについてはのちほど

私は誰?と思いつつ、その元クラスメイトの友達なんだみたいな説明を受けました。そしてご飯代は向こうが持ってくれるとのこと。ここもポイントなのが、ご飯代の心配をこちらにさせないことです。これで気をよくしてしまい、昔話などにふけていたのですが、彼らの目的はあくまで宗教勧誘です。

話が頃合いになってくると突然、パンフレットなどを差し出してきます。

多いのは悩みがないか?とか現状に満足してないか?という質問があります。

そこで特徴のあるチラシを出してきました。そこで「◯◯様は偉大だ」とか「この世を救済できるのは◯◯様の教え」だとか絵に描いたような宗教勧誘をされます。

ただそのとき、その団体に詳しくなく、私は何度かトイレに行く或いは電話が掛かってきた振りをしてガラケーで、その団体を調べました。ただガラケーなんで見にくいのなんので何度か腹壊したフリをして、調べてました。

ただやはり怪しかったのか途中から電源を切るように言われたりしました。

本来ならここでズバリ言うべきなんでしょうが、高校生だった私はその団体の拠点がどんなところか見てみたいと思ってしまい、受け入れたフリをしました。そこで、全員高校生だったので、電車で行きました。その食事していたところから数駅だったと思います。

そこで行く途中で「こいつらやっぱりガチなんだ」と思わされたのが「お守りとか持ってれば今すぐにそこの溝に捨てて」と言われました。

当時は御守りを身に付けてていなかったので、何もしなかったのですが、仮に持ってたらどうしようとも思いますね

そこでアパートの一室のようなところに入ると何人かおばちゃんがいました。

そこで、お祈りを捧げました。

お祈りの内容は「◯◯様」を讃える内容です。細かく書くとその団体が分かってしまうので、この程度にします。

そこでお祈り道具を渡されたりします。そこで高校生の二人もその讃える内容を口に出していたりと高校生であった自分は宗教とはこういうことか?と思わされました。どのくらいいたかは分かりませんが、帰るにあたって、今後も少しずつお祈りを捧げるように言われました。

当人たちからすれば救済か何かの感覚なのでしょうね

ただ私はその団体に帰依するつもりはなく、「争わずに受け入れる」をしました。

ただ解放された瞬間からその団体とは絶縁。メールが来てもほぼ無視しました。

それからその団体のことを調べるようになります。それはその特徴のあるチラシを持った連中が地元などにも時折いたからです。

道端で話しかけられた話はとある街にいたときです。私は昼食何にしようかなと考えているときでした。

突然男から「すみません。いま、時間ありますか?」と聞かれました。因みに私の経験談だとほかには「すいません、ちょっといいですか?」とか「すみません、今アンケートをやっているんですが」があります。

そのときは冴えなそうな男2人から言われたので、「え?何ですか?」という感じでした。

ただこれは下手くそな勧誘の仕方ですね。すぐにこれ知ってますか?と特徴のあるチラシを見せられました。私はあからさまに嫌な顔をしてお断りしました。このとき、団体に敵対的な人だと思わせれば、下手な勧誘ならすぐに逃げます。

ただ敵対団体の人間(本当は嘘です)だと主張しても「ああ、私もかつてはいたよ」と話を合わせる強者もいますので、ご注意を。

そして、うまい勧誘だなと思ったのが、とある店にいる時でした。その人とは見たこともなかったのですが、そのとあるグッズを買って個人的に喜んでいたときです。「そのアニメに興味があるんですが、よろしければ話を聞かせてもらえませんか?」みたいな趣旨でした。

それで近くのファストフードに言ったんですが、なんとなく成り行きから分かってはいました

だって、食事代向こうが勝手に出してくれたし、割りと年上なのに二人してくるし、何か典型例でしたからね。

それから話はしてましたが、ある意味でタダ飯目当てでした。どの段階で切り出してくるのか?と思いつつ、構えていると悩みがないか?という話からでした。

そこで書かれていることをひたすら話されます。

まあ、何となく慣れですが、宗教は分からないとかその団体は知らないとか色々と嘘を着きつつ、そろそろ時間だ。早く帰ってこいと言われたとか言って、切り上げようとしますが、向こうからは送っていくと言われます。多分噂だと車に連れ込もうとする話がありますが、絶対にダメです。行き先の主導権を渡したり、自宅がばれることは特に!

まあ、あと自転車だったので必要ないとも伝えました。これは嘘ではない

あと連絡先を求められましたが、その断りかたは思い付かなかったので、LINEの名前を咄嗟に偽名にしました。

興味が出てきたら連絡してとのことでしたが、帰ったらブロックしました。まあ当然ですが

こんな感じです。

彼らは善意のつもりで来るのでしょうが、私としては迷惑なことです。

因みに他の友人にも聞いたところ、同じような勧誘を受けたことがあるようで、親がその団体に所属しているパターンが多いようです。

いつから勧誘し始めたのかは知りませんが、昔はああだったのにという感じました。

それからはその団体関係者とは接触してませんが、私としては団体に入ることでのデメリットとして神社仏閣の訪問ができなくなるというのが大きいです。

私は旅行でよく神社仏閣を訪れるので

あと彼らは他宗教を攻撃しますね。調べるととある団体を攻撃、批判する内容でしたし、過去にも抗争があったようです。

ですから、その団体に帰依することも所属しようとも思いませんでした。

街中にたまにいるので、私は避けるだけです。その辺は信教の自由と関わる話ですので

今後もサッカー以外のとこも記事にしようと思います。何か最近はツイートのまとめばかりだったので・・・


posted by 東京のガンバ大阪サポーター at 15:19| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

自分がガンバ大阪の試合で人生で悲しんだ試合


ガンバ大阪の試合を平成18年から本格的に見初めてからテレビも含めて多くの試合を観てきた

その中で前の記事の延長でガンバ大阪の試合で一番悲しんだ試合は何だろうか?と思い振り返ってみた

現地観戦でいえば、平成18年の味スタでのFC東京との試合だろう

この試合がガンバ大阪初観戦だったのだが、2-0からの大逆転負け・・・

最後のフリーキックも入らずに終わったのちにホイッスル

当時小学生であった私は泣いて家に帰りました・・・

そしてテレビ越しで一番の惨劇はやはりヤマハスタジアムで行われたジュビロ磐田との試合だろう

時は平成24年、確か最終節の前節にサンフレッチェ広島が優勝を確定させていた。

世間の注目は下位、特にJリーグ発足以降、降格が経験が全くないガンバ大阪に向けられていた

その頃コンサドーレ札幌が降格を確定させ、セレッソ大阪、ヴィッセル神戸、アルビレックス新潟、ガンバ大阪のうち二チームが降格する見込みとなった

そして、滅多にないことであるがNHKが全国放送で磐田vsG大阪戦を放送したのだ

NHKが優勝でない試合を全国放送するという珍事

今後はない方がいいのかもしれないが、まさか全国にガンバ大阪の衰退を晒すはめになるとは思ってもなかった

前田遼一のデスゴール、すなわち呪いのゴールなんて言われていたが

そんなことはどうでもよく、とにかく勝ってくれ!と思っていた

しかし、その前田遼一に決められて、試合は敗戦・・・

当時のNHKが放送した映像はどこかに残してあるハズであるが未だに見ていない

YouTubeで試合前のガンバ大阪サポーターの熱狂的応援の映像、降格の瞬間は見た

ただどちらも見たのは3冠を取った後のことだ

その日前後、色々と苦難だった

というのは、ガンバ大阪サポーターだと知っている連中から嫌がらせのごとく質問が飛び交ったのだ

連中は特にJリーグの贔屓がいる訳でもなく、ただ単に自分の事をからかいたい連中だったからしばらくやり場のない怒りが貯まる一方であった

そんな中で事実を言っても無駄だった。はっきり言えば相手にするだけ無駄だった

そのシーズン、浦和や名古屋相手に5点差で勝ったのは事実であったのにその事を言うと「嘘つくな!」「そんなわけねーだろ!」ともはや罵倒を前提にした罵詈雑言だった

スマホが普及して、調べればすぐヒットするはずなのに調べもしなかった

しばらくは耐えるしかなく、話題は天皇杯や日本代表を中心にしていった

しかしその罵詈雑言を言った連中もガンバ大阪が天皇杯で準優勝したことには意外だったらしく、天皇杯でそのことに触れる奴はいなかった

あと天皇杯決勝の待機列で変な黄色ヘルメットに風船を付けた爺さんが俺たちガンバ大阪サポーターに向かって「ばか野郎!ガンバ大阪はばか野郎だ!」、「これだからガンバサポはバカだって!」、「いちゃもんつけんじゃねーよ!」とか滑舌が悪く叫んでいたってな

連合や一部のサポーターと揉めて、あとで警備員にどこかに連れていかれたけど、変なのもいるんだなと思ったな

少し話がずれたけど私の観戦記で一番の惨劇は現地では18年のFC東京戦@味スタ、テレビでは24年の磐田戦@ヤマハだ

この惨劇史が今年変わらないことを祈ってます・・・

絶対残留!
posted by 東京のガンバ大阪サポーター at 16:30| Comment(0) | ガンバ大阪観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分が一番熱くガンバ大阪を応援、熱狂した試合


平成18年にガンバ大阪の試合を初めて観に行ってから幾度もガンバ大阪の試合を観に行きました

味スタ、聖地国立、フクアリ、埼スタ、日産、三ツ沢など

そこで私が特に現地に観戦して一番熱が入った試合を振り返ってみた

私は今まで埼スタでナビスコカップ優勝、日産スタジアムで天皇杯優勝、聖地国立競技場でゼロックススーパーカップ、天皇杯の優勝を生で見たことがあるのだが

だが、私が今までで一番熱があって特に熱狂した試合はそれらではなかった

それは降格する平成24年(2012)に等々力陸上競技場で行われた川崎フロンターレ戦であった

この試合は2-3で勝つのだが、一進一退であった

ガンバが先制すれば川崎が同点、またガンバが得点すれば川崎が追撃という感じであった

なぜそこまで熱が上がったかといえば、やはり残留争いの真っ只中であり、なおかつ試合は川崎フロンターレが甘くなかったからだ

歓喜と絶望を行ったりしたりし、最終的に目の前で逆転ゴールを決めた

当時、一緒に観戦していた友人や周りの人と熱狂的にハイタッチしたのを覚えている

当時も私は旗降っていたのだが、旗を降るのを後回しにしたのは印象的だった

この試合に向けて、前日に原宿のKAMOでユニフォームを新調するなど験担ぎをしたことも覚えている

結局、その年は奮戦むなしく降格が決まってしまったのだが

私の中では、おそらく等々力陸上競技場での人生の一番の歓喜であったことは忘れないし、しばらくは変わらないだろう

いま、再びガンバ大阪は降格の危機に瀕している

しばらくは観戦に行けないが、ガンバ大阪の健闘を祈っているし、現地に行けなくても私はガンバ大阪サポーターである

では、また気まぐれでブログを更新しようと思います

Grazie per aver guardato!

arrivederci alla prossima!

Forza! GAMBAOSAKA!
posted by 東京のガンバ大阪サポーター at 06:31| Comment(0) | ガンバ大阪観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

M氏ことミッシェル氏が日本代表のコールリーダーになった件で4年前のGサポ集会の回顧録

20180531004334515.jpg

ガンバ大阪の応援現場から姿を消したM氏ことミッシェル氏

そんなM氏、最近は日本代表に舞台を映したようで




↑宇佐美のチャントを歌うM氏とみられる人物

なんか東アジアなどでもホーム(北)ゴール裏に登場していたんだとか

そんなM氏が代表の舞台に立つのは驚きなのだが、そんな中で個人的にも思い出した事を書きます




これはガンバ大阪サポーター連合のツイートなのだが、この日渋谷で関東のガンバ大阪サポーターの集まりが連合主催で行われた

折角だからと私も遅れながら、行ってみた

そこでは連合メンバーへの質問もあり、皆さんはどうやって全試合に参加しているんですか?などの質問があった

そこの最後の質問、やはり聞いておかないのは勿体ないなと考えて思いきって質問

代表の選手チャントは最近は桜(セレッソ大阪)や瓦斯(FC東京)が中心となっていますが、ガンバ選手のが歌われないのは許可してないからですか?という感じで質問したと思うが、それに答えたのはM氏で、「日本代表のゴール裏でリードとった方がエエか?」という回答が、さすがにそのときは「いや、そこまでしなくても」と答えた

M氏らは代表戦よりガンバのJリーグという典型的なJリーグのサポーターだった

M氏らは「別に著作権とかは主張しないから自由に使っていい」という回答が

要するに代表グループが使おうとしなかったというのが答えなのかもしれない

このあと、個別に話した他のサポーターからは歌われないのは遠藤保仁の歌詞にイタリア語があるからでは?という意見があった

今日の試合で宇佐美のチャントが歌われるのに遠藤のが歌われなかったから、確かにそうかもなと思った

この後の休憩では代表の応援について、M氏からは個別に話をした。

そのときはチャントも変わらず、選手チャントも2チームばかりと答えたのを覚えている

因みにこの集まりで一番記憶に残っている暴露エピソードが、当時藤ヶ谷の不調や木村の怪我などでキーパーの層の薄さに危うさをガンバ全体が持っていた

これに対して当時のガンバ大阪は連合の「キーパーを代えろ!」という要求に当時の社長は自信満々に「大丈夫、任しておいてくれ」と言っていたという、実は川島永嗣を獲得しようとヨーロッパで動いていたという

もちろん、これはJ1リーグ残留争いをしていたときの事だが、川島が最終的にヨーロッパでプレーしたいということになり、この話は頓挫したという。

このときは終わった話ということで、連合の方にも伝えられたという

しかし、後にアルビレックス新潟から東口を獲得したガンバ大阪だが、まさかそゆな大物を獲得しようとしていたとは

しかし、頓挫したのも痛かったが、今では良い思い出ですね

また何か思い出したら書きますw

そういや、集まりでお会いした東京在住のカップルさん、元気にしているかな?

等々力で一度だけ再開したけど

う〜ん、もしこれ見てたら連絡ください!(笑)
posted by 東京のガンバ大阪サポーター at 00:44| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

ガンバ大阪の公式フラッグ紹介


ガンバ大阪の応援の一躍を担っているものの一つはやはりフラッグ

今ではガンバの応援の代表例ですが、以前のブログに書いた通り、10年くらい前の時代はフラッグはほとんどなかったんです!

それを広めたのは平成19年(2007年)のLフラッグ祭りからです

それからほぼ毎年のように出しているのに公式サイトのオンラインショップでは紹介されていないし、グーグルの画像検索でもあまり出ないみたいなので私が持っている物の範囲で紹介しようと思います

因みにこれらの柄は紙の申し込み用紙に注釈を付ければ買うことはできます(ただし、現在もその柄を扱っているかは分かりませんので、欲しい柄があればガンバ大阪公式電話に聞いて見てください)

旗が多いチームって個人的には柄が豊富なイメージです。(浦和レッズなど)もし応援席を活発にするなら柄を増やしてみたらいいんじゃないかな?とは思います。

だからガンバの試みはそれで成功していると思います

1527179244308.jpg
チームフラッグ

これはガンバ大阪の二代目チームフラッグ
割と手に入りやすく、アウェイの委託販売でも売られている可能性が高い
この旗も平成17年2月の国立競技場のゼロックススーパーカップで購入した
この旗はミニサイズからLサイズまで四種類ある
画像では濃い目の青に見えますが実際は少し明る目な青です

1527179298378.jpg
縦黒線模様

このは旗は縦黒線模様と仮に呼んでいましたが、今思うと平成19年から20年にかけて使われたホーム用ユニホーム
柄なのでは?と思います
登場したのもそれくらいの時期なので

1527179320734.jpg
チェッカー(市松)柄

この柄は平成20年のフラッグ祭で登場
チェッカー柄が好きなので、個人的には好きな柄です

_20180525_013035.JPG

平成19年(2007年)版ユニホーム柄
このフラッグはユニホーム柄を調べれば分かりますw
星一つ時代が懐かしいです
ただ友人からも不評な柄で、一番見る機会の少ない旗です

_20180525_013013.JPG
クロス柄
これは平成19年のLフラッグ祭から販売された柄
当時はチームフラッグよりも青黒の比率が高いためか柄が良かったからなのか、チームフラッグよりも多く翻っていたイメージですが、今では他の柄の登場もあり、当時ほどは見かけなくなりました
私もチームフラッグとこれしか持っていない時代は割とこの柄を愛用してました。

1527179370791.jpg
パナソニックガンバ時代チームフラッグ

ガンバ大阪の初代チームフラッグ。これに関しては公式サイトに頼んでも手に入りません。(以前、公式に確認しました)
このフラッグはパナソニックガンバ大阪時代のものです。
ですからガンバのロゴの上に「Panasonic」とあるのはそのためです。
私の場合、このフラッグ時代のサポーターではなかったのですが、
どうしてもこの柄が欲しくて探してみるとヤフオクに上がっていたので購入しました。
相場は1000円から3000円くらいです。
どうしても欲しい方はヤフオクなどを探してみてください
ある意味、一番出品されているガンバフラッグです

以上、私は六種類持ってます

ただ、これ以外にも私が知る範囲では4種類の柄があります(Lサイズに限る)

買おう買おう思ってはいるんですが、予算とかの関係もあるんですよね…

公式ユニホームも暫く更新してないので、私のユニホームは星が9つではないんです(友人にはよく弄られる)

今年もオランダ国旗みたいな柄で黒、白、青の三色旗が販売されました(なんだか、消しゴムの柄みたいなんだよねw)

もし欲しい柄があれば公式サイトに一度聞いてみるのがベターでしょう

因みに一人で6枚持っていても、マントみたいに羽織って使うときもあります

その場合はエンブレムが一番大きい縦黒線模様が一番使われますが

次回以降は申請していた大旗の申請が通ったので、今後は雨の時かマントとしての使用が多くなると思います

雨の時は水を吸収して、塩ビ棒ではとても触れないので(いつかの味スタで実証済み)

ただ自作の旗、どこにしまったのか、一部の旗がマジで見つからないんですよ

今まで作ったのは雨用に作った旗とか今野選手、遠藤選手を応援するための旗、ブラジル選手を応援するためのブラジル国旗、韓国選手を応援するための太極旗など、結構な数がないんです

見つかったら申請するけど、どこにやったかな
posted by 東京のガンバ大阪サポーター at 01:51| Comment(0) | ガンバ大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このブログは今何位?(人気ブログランキングへ)